CakePHPのエントリー

CakePHPでリファラのURLを取得する – referer関数

今回はCakePHPのControllerでリファラのURLを取得する方法をご紹介します。Controllerのreferer関数を使うことで前のページのURLを取得することができます。また、引数を指定することでリファラが取れなかった場合に代わりのURLを指定することもできます。

CakePHPにHTML5を適用する方法

CakePHPのHtmlHelperに閉じタグの省略やHTML5の省略可能属性を適用する方法をご紹介します。CakePHPは基本的にXHTMLに準拠した形式で作成されていますが、設定ファイルを読ませることでコアのコードを触ることなくHTML5に対応させることができます。

CakePHPでJSONを返すAPIを作る

CakePHPでJSONを返すWebAPIを作成する方法をご紹介します。サーバサイドもフロントエンドも綺麗に書けるようにJSONの設計から考えていきましょう。PHPではcompactを使って簡単便利にJSONを組み立てていきます。

CakePHP2.x チートシートを使ってみよう

フレームワークに慣れてきても、ある時ふと引数を忘れたり、関数名を忘れてしまう時があります。そんな時に便利なCakePHPチートシートをご紹介します!2.3対応でほぼ全ての関数を網羅しているので非常に便利です。

CakePHPで実行中のアクションを切り替える便利関数!

CakePHPでアクションの処理を実行している時、他のアクションに移りたい・・という時があります。そんな時はsetAction関数を使うことでリダイレクトせずに他アクションの処理を行うことができます!簡単に使う事ができますが、少し変わった動きをするので注意点も含めご紹介します。

スポンサーリンク