LinuxにGitの最新バージョンをソースからインストールする

GitGit
Git

今回はLinux CentOS6.5 64bitでGitをソースからmakeでインストールをします。
yumでインストールしようとすると1.7.1が入ってきてしまいまうので、
最新版をインストールしたいときはソースからインストールしましょう。

yum install git
================================================================================
 Package            Arch           Version                   Repository    Size
================================================================================
Installing:
 git                x86_64         1.7.1-3.el6_4.1           base         4.6 M
Installing for dependencies:
 perl-Error         noarch         1:0.17015-4.el6           base          29 k
 perl-Git           noarch         1.7.1-3.el6_4.1           base          28 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       3 Package(s)

Total download size: 4.7 M
Installed size: 15 M

Git v2.3.3をソースからインストールする

まず今回試した環境です。

OS
CentOS6.5 64bit
Git
バージョン2.3.3(2015/03/17時点最新版)

Gitの最新バージョンはGit公式で確認できます。

yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel
 cd /usr/local/src/
 wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.3.3.tar.gz
 tar xzvf git-2.3.3.tar.gz
 cd git-2.3.3
 make prefix=/usr/local all
 make prefix=/usr/local install
 git --version

makeコマンドで下記のようなエラーが出る場合があります。

Can't locate ExtUtils/MakeMaker.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib64/perl5 /usr/local/share/perl5 /usr/lib64/perl5/vendor_perl /usr/share/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5 /usr/share/perl5 .) at Makefile.PL line 3.
BEGIN failed--compilation aborted at Makefile.PL line 3.
make[1]: *** [perl.mak] Error 2
make: *** [perl/perl.mak] Error 2

その場合はperl-ExtUtils-MakeMakerをインストールで解決できるかと思います。

yum install perl-ExtUtils-MakeMaker
Git
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人

スパイスファクトリー株式会社 Webエンジニア。フロントエンドやWebサイトの高速化が得意です。インフラ・バックエンドも一通りやってます。
個人的なお仕事のご依頼や情報交換などはお問い合わせまたはTwitterにメンションをお願いします。

ShoheiTaiをフォローする
このエントリーが役に立ったらシェアをお願いします!
イケてないコード – Webエンジニアのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました