このエントリーが役に立ったらシェアをお願いします!

[js]自由自在にグラフを描画できるjsライブラリ ―Chart.js

このエントリーが役に立ったらシェアをお願いします!

今回はHTML5のCanvasを使ってグラフを描いてくれるjavascriptライブラリ、『Chart.js』をご紹介します。

Chart.js| HTML5 Charts for your website.

詳しいことはドキュメンテーション(英語)が用意されているので、そちらを読んでいただければと思います。
今回は実際にchart.jsでチャートを表示してみるところまでやってみます。

スポンサーリンク

Chart.js導入方法

上記のリンクからchart.jsをダウンロード後、ヘッダーでjavascriptを読み込んでやります。
Chart.jsとChart.min.jsがありますが、minがついている方は圧縮版(タブや改行をなくしたもの)です。
どちらを使っても問題ありません。

<script src="Chart.js"></script>

ソースを書いてみよう

まず、HTML上にチャートの描画エリアを作成してやります。

<canvas id="chart1" width="400" height="400"></canvas>

次に以下のコードを追加します。
説明はコメントアウトで。

//jQueryの場合
var ctx = $("#chart1").get(0).getContext("2d");
//普通のjavascriptの場合
//var ctx = document.getElementById("chart1").getContext("2d");
var data = {
  //X軸のラベル
  labels : ["January","February","March","April","May","June","July"],
  datasets : [
    {
      //1つ目のグラフの描画設定
      fillColor : "rgba(220,220,220,0.5)",//面の色・透明度
      strokeColor : "rgba(220,220,220,1)",//線の色・透明度
      pointColor : "rgba(220,220,220,1)", //点の色・透明度
      pointStrokeColor : "#fff",//点の周りの色
      data : [65,59,90,81,56,55,40]//labelごとのデータ
    },
    {
      //2つ目のグラフの描画設定
      fillColor : "rgba(151,187,205,0.5)",
      strokeColor : "rgba(151,187,205,1)",
      pointColor : "rgba(151,187,205,1)",
      pointStrokeColor : "#fff",
      data : [65,59,90,81,56,55,40]
    }
  ]
}
var option = {
  //Boolean - 縦軸の目盛りの上書き許可
  scaleOverride : true,
  //** ↑がtrueの場合 **
  //Number - 目盛りの間隔
  scaleSteps : 6,
  //Number - 目盛り区切りの間隔
  scaleStepWidth : 10,
  //Number - 目盛りの最小値
  scaleStartValue : 100,
  //String - 目盛りの線の色 
  scaleLineColor : "rgba(0,0,0,.1)",
  //Number - 目盛りの線の幅  
  scaleLineWidth : 10,
  //Boolean - 目盛りを表示するかどうか  
  scaleShowLabels : true,
  //String - 目盛りのフォント
  scaleFontFamily : "'Arial'",
  //Number - 目盛りのフォントサイズ 
  scaleFontSize : 10,
  //String - 目盛りのフォントスタイル bold→太字  
  scaleFontStyle : "normal",
  //String - 目盛りのフォント 
  scaleFontColor : "#666",  
  ///Boolean - チャートの背景にグリッドを描画するか
  scaleShowGridLines : true,
  //String - チャート背景のグリッド色
  scaleGridLineColor : "rgba(0,0,0,.05)",
  //Number - チャート背景のグリッドの太さ
  scaleGridLineWidth : 1,  
  //Boolean - 線を曲線にするかどうか。falseで折れ線になる
  bezierCurve : true,
  //Boolean - 点を描画するか
  pointDot : true,
  //Number - 点の大きさ
  pointDotRadius : 3,
  //Number - 点の周りの大きさ
  pointDotStrokeWidth : 1,
  //Number - 線の太さ
  datasetStrokeWidth : 2,
  //Boolean - アニメーションの有無
  animation : true,
  //Number - アニメーションの早さ(大きいほど遅い)
  animationSteps : 60,
  //Function - アニメーション終了時の処理
  onAnimationComplete : null
}
//グラフを描画する
var myNewChart = new Chart(ctx).Line(data,option);
//optionは無くても描画可能
//var myNewChart = new Chart(ctx).Line(data);

たったこれだけで描画ができてしまいます。
複雑そうに見えて意外と簡単ですね。

動作サンプル

サンプルはこちら!
chart.jsのサンプルを適当に作ってみた
2つのチャートのうち一つは固定値、もう一つは値をいじれるようにしてみました。
さりげなくinput type=”number”を使っていますw

chartjsは他にも様々な種類のチャートを描画することができます!
値の受け渡しや設定も楽にできるので是非使ってみてください!

スポンサーリンク

このエントリーが役に立ったらシェアをお願いします!

1この記事を書いた人
ShoheiTai
フロントエンド志向のWebエンジニア。
HTML5やWeb高速化、SEO等のフロントエンド開発が大好物。
バックエンドではCakePHP,Wordpress開発を主戦場としています。
Web開発のスパイスファクトリー株式会社創業メンバー。

[js]自由自在にグラフを描画できるjsライブラリ ―Chart.js
イケてないコード - Webエンジニアのブログの
最新情報をいいねしてチェックしよう!

コメント

  1. 毛ヴィン より:

    data : [65,59,90,81,56,55,40]//labelごとのデータ

    このデータは配列でしょうか?
    文字データではなく数値を使うのでしょうか?

    • ShoheiTai より:

      毛ヴィンさん

      コメントありがとうございます。
      []なので配列形式ですね。
      dataはグラフの数値に使用するデータなので、数値を使います

  2. 毛ヴィン より:

    棒グラフに、1つ1つデータの数値を表示することができません
    いい方法ありますでしょうか?

    • ShoheiTai より:

      詳しい状況を書いていただいていないのでなんとも言えませんが、
      動作サンプルのソースを参考にして頂ければと思います。