Chromebookにdocker-composeをインストールして開発機にする

chromebookとdockerchromebook
chromebookとdocker

chromebookのLinux対応であるcrostiniが一部端末で有効化されました。これによりlinuxで動作するアプリケーションをインストールすることができるようになりました。
今まで開発機として使いこなすには外部のVMを利用してSSH接続するなどの必要がありましたが、これでローカルでもガシガシ開発ができるようになります。

Chromebookがlinux対応!ChromeOSのターミナルを動かしてみた!
私は普段からchromebook C101PAを活用しているのですが、今までchromebookで開発をするにはSSHを使用し、外部で作業をする必要がありました。しかし、今年のGoogleIOでchromebookのlinux対応が発表され...

早速chromebookで開発するためにdockerdocker-composeをインストールし、開発できる環境を整えてみました。
使用した端末はpixelbookです。

chromebookにdockerをインストールする

以下コマンドでインストールできました。必要なソフトウェアをインストールし、dockerをインストール。
その後にdocker-composeをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl gnupg2 software-properties-common
$ sudo curl -fsSL https://download.docker.com/linux/$(. /etc/os-release; echo "$ID")/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
$ sudo add-apt-repository    "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/$(. /etc/os-release; echo "$ID") \
  $(lsb_release -cs) stable"
$ sudo apt-get install docker-ce

chromebookにdocker-composeをインストールする

ここまでくればすぐインストールが完了できます。

$ sudo curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.16.1/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` -o /usr/local/bin/docker-compose
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

chromebookのlocalhostにアクセスする

ここが一番のハマりどころでした。動作確認でlocalhostへアクセスしてみましたが、アクセスできません。

localhostにアクセスできない

localhostにアクセスできない

これは以下の記事が参考になりました。

appaarently this has been changed to penguin.linux.test
Is there a way to open ports?

crostiniはあくまでchromebook上にlinuxコンテナを立ち上げているだけなので、localhostでlinuxを向いているわけではありません。
localhostではコンテナにアクセスできないため、http://penguin.linux.test へアクセスする必要があります。

chromebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人

スパイスファクトリー株式会社 Webエンジニア。フロントエンドやWebサイトの高速化が得意です。インフラ・バックエンドも一通りやってます。
個人的なお仕事のご依頼や情報交換などはお問い合わせまたはTwitterにメンションをお願いします。

ShoheiTaiをフォローする
このエントリーが役に立ったらシェアをお願いします!
イケてないコード – Webエンジニアのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました