Drupal

Drupal8でDBのインポート・エクスポートをする方法

Drupalでの開発はDBをダメにしてしまうことがあったりします。そういった時にDBのインポート・エクスポートはよく行うので備忘録も兼ねてご紹介します。mysqladminを使う方法もありますが、drushを通して実行することが可能です。
chromebook

Chromebookにdocker-composeをインストールして開発機にする

chromebookでlinux対応が始まったので早速pixelbookにdockerを入れて開発機にしてみました。pixelbookのlinuxはdebianなのでdebianへのインストール方法と同じですが、localhostにアクセスできないなどのハマりどころがありました。
Google Cloud Platform

来訪したサンタにGoogle Cloud Text-To-Speechでプレゼントをお願いする

今回はGoogle Cloud Text-To-Speechで音声の読み上げに挑戦します。この記事はIoTLTアドベントカレンダー2018の記事です。Google Cloud Vision APIでサンタ認識をしたあと、音声合成でサンタにプレゼントを置いていくように伝えます。
Raspberry Pi

Raspberry Piで何ができるの?活用例をまとめてみた!

ここ数年、IoTなどで話をよく聞くようになったRaspberry Piについてご紹介します。はじめての人にとっては一見難しそうに見えますが、初心者向けのデバイスで、様々なことに使えます。
chromebook

Chromebookがlinux対応!ChromeOSのターミナルを動かしてみた!

私は普段からchromebook C101PAを活用しているのですが、今までchromebookで開発をするにはSSHを使用し、外部で作業をする必要がありました。しかし、今年のGoogleIOでchromebookのlinux対応が発表され...
Google Cloud Platform

Raspberry PiとGoogle Cloud Vision APIでサンタの来訪検知システムを作ってみる

今回はGoogle Cloud Vision APIとRaspberry Pi、Webカメラを使用してサンタの来訪検知を作ってみます。個々の制御はNode.jsで実装します。ラズパイ上から写真撮影を行ない、その画像からサンタの判定をCloud Vision APIで行い、サンタだった場合はslackへ画像をアップします
WebAPI

画像の顔認識!Node-REDとVisual Recognitionでリア充判定をしてみた!

今回はBluemixのWatsonAPIにある、Visual Recognitionを使用して顔認識をやってみました。このAPIは画像内に含まれる顔や性別、年齢を判別しJSON形式でデータを返却します。これを利用して画像のリア充認識をやってみました。この記事はteratail Bluemixアドベントカレンダーの記事です。
Google Apps Script

Google Apps Scriptを始めよう! – 導入編 ファイル作成からHelloWorldまで

今回はGoogleAppsScript(GAS)についてご紹介していきます。サーバサイドで動作するjavascriptで、ブラウザ上からコーディング、実行、定期実行設定などが可能です。GoogleAppsScriptを使うことで外部APIとの連携やGoogleサービスの操作も可能です!GASで自動化生活を初めましょう!
HTML5

「HTML5のSpeech Recognitionでteratailと対話してみた!」のLTスライドを公開しました

HTML5のSpeech RecognitionとteratailAPIを使用して擬似的なAIを作成してみました。javascriptで処理を少し入れるだけでブラウザからマイク入力を行うことができ、マイクで話した内容を文字列として出力することができます。デモも公開中です。
WebAPI

QR code APIでQRコードを生成してみた!

今回はAPIを使用してQRコードを生成する方法をご紹介します。QRコードを生成する方法としてGoogle Chart APIが有名な方法かと思いますが、非推奨なので利用は避けたいところです。そこで、今回は海外で提供されている「QR code API」を使用して実際にQRコードを生成してみました。
HTML5

「HTML5でteratailが喋った!」のLTスライドを公開しました

teratail meet upにてLT登壇を行いました。今回はHTML5のWeb Speech APIを使ってブラウザを喋らせるデモを行いました。スライドと一緒にSpeech Synthesis APIの使い方をご紹介します。
Python

PythonでChromecastを制御してみた!

今回はPythonからChromecastを制御してみました。pychromecastというPythonパッケージを使用することで簡単にChromecastを動かすことができ、動画や画像をテレビで表示させることができます。一見難しそうですが、Pythonのコードを数行記述するだけで動かせます!
Python

「PythonでGoogleのアレを制御してみた」のLTスライドを公開しました

Python入門者の集いでのLTスライドです。PythonでGoogleのChromecastを制御しました。pychromecastのパッケージを使用することでPythonからChromecastの動きを制御することができます。
HTML5

Resource Hintsとlinkタグによる事前読み込みでWebサイトを高速化しよう!

今回はResource Hintsの仕様に基づいたlinkタグの使い方をご紹介します。Webサイトの高速化手法の一つに遅延ロードがありますが、prerender,preconnect,prefetchを使うと、リソースの先読みを行うことができ、表示速度の高速化を図ることができます。
サイト高速化

「UXを向上させる サイト高速化」のLTスライドを公開しました

集まっtail 第3回のLTスライドです。UXを向上させるための高速化施策についてお話させていただきました。主にlinkタグを使用したpreloadやprerenderの技術、lazyloadを使用した画像の遅延ロードなどの技術をご紹介しています。